470505   CARNEGIE HALL

JAZZ AT THE PHILHARMONIC

RB, concert, 'Carnegie Hall', West 57th Street and 7th Avenue, NYC, May 5, 1947.

Roy Eldridge(tp); Charlie Parker(as); Coleman Hawkins(ts); Hank Jones(p); Eddie Safranski(b);
Buddy Rich(ds); Al Anderson(ann).

#MatrixTitleTimeSPOrig.LPReis.LPCD
a
Introduction (Al Anderson)0:38


Philology Vol. 9 (W 120)
"Good evening, everyone, this station is broadcasting tonight from Carnegie Hall, presenting Norman Granz and his Jazz at the Philharmonic, the modern jazz section of the Carnegie Pops series. This is Al Anderson from the broadcasting booth at Carnegie Hall. We're not gonna do very much talking, we'd like to get you downstage to hear some of this great modern jazz. Now in this set, Buddy Rich on drums; Eddie Safranski, bass; Hank Jones, piano; Coleman Hawkins on tenor; Roy Eldridge, trumpet; and Charlie Parker, the Bird himself, on alto sax -- blasting away on some bebop (undecipherable), 'Lover Come Back to Me'. Here is Jazz at the Philharmonic."
b
Lover Come Back to Me
[Bean and the Boys]   no bird solo
0:48
BEAN (I) LP6
Philology Vol. 9 (W 120)
c
The Man I Love  (R.Eldridge and rhythm section only)1:56



d
Stuffy  -inc.10:28
BEAN (I) LP6
Philology Vol. 2 (W 57)
Incomplete (ca. 7:50) on Bird Box, Philology, and Definitive

Note: The solos on "Stuffy," in order: Hawkins (0:47-2:27), Eldridge (2:27-3:41, cut off), Parker (3:41-5:24),
Jones (5:25-6:24), Safranski (6:25-7:37), Rich (7:37-9:33). The version issued on Bird Box, etc. ends abruptly
at the end of Safranski's solo. Full version "Staffy" is in 10 inches two acetate. Time is 10'28".

b (0:47), d (8:24)BEAN (It) LP-06"BEAN AND THE BOYS / COLEMAN HAWKINS ; LIVE AND UNCOMMERCIAL RECORDINGS 1940-1965" (1988)
d (7:52)BIRD BOX (I) LP 03/22"C.PARKER: LIVE AND PRIVATE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDER" (22LPs Box) (1986)
a - b (1:29)PHILOLOGY (I) Vol.9 (W120.2)"BIRD'S EYES, LAST UNISSUED, VOL.9"
d (7:58)PHILOLOGY (I) Vol.7 (W 57.2)"BIRD'S EYES, LAST UNISSUED, VOL.7" (1991)
d (7:50)JAZZ UP TOP BOX (I) JUTB 3002 (3CDs)"BIRD BOX, Vol. 2" (1989)
a - b (1:29), d (7:51)DEFINITIVE (Eu) DRCD 11375 (4CDs)"THE COMPLETE CARNEGIE HALL PERFORMANCES / C.PARKER" (4 CDs) (2007)

470505poster

    私は、1970年代に、この "Stuffy" が収録されたカセットテープを所有していましたが、その演奏時間は9分5秒でしたが、極めて音が悪くしかも 完奏されたものではありません。80年代後半、イタリアから出版された "Birdbox" という22枚箱入りのLPに、この曲が収録され喜んで聴いてみたが、なんと同じような音質でしかも長さは もっと短く7分52秒の未完奏でした。数年前ある中古レコードショップから10インチ・アセテート盤2枚を入手し、この3面にわたり収録されている "Stuffy" の完奏版を聴くことが出来ました。

    このコンサートは、過去のディスコグラフィでは1949年6月19日とされていたものである。1986年リリースのイタリア盤Birdbox LP22 や、1988年リリースの同じイタリア盤のBean 06では1949年Summerと記されている。一ヶ月前に西海岸からニューヨークに戻ったパーカーが、このカーネギー ホール'ポップ’コンサートに参加していた。左の(多分 Amsterdom News [NYC] Apr 26,1947 p.21 ad)広告には、どういう訳かパーカーやロイ・エルドリッジの名前は無く、 参加の予定は無かったのでは。ノーマン・グランツ・プレゼンツ・J.A.T.Pとなっているが、正式な録音は無くこの音源はラジオ放送のエアーチェックである。

downbeat

    5月21日号のダウンビート誌に、このコンサート評がある。
 --Norman Granz のPhilharmonic Carnegie Hall Pops 祭の初演は音楽的にも財政的にも成功ではなかった。第一の理由は優れた演奏 家たちが評判通りの演奏をしていなかったということだ。次にライフ誌の写真家Gjon Mili、カーネギーホールの音響効果、そして聴衆たちだ。Granzの友人で あるMiliは写真撮影のためにそこにいた。彼のステージ上の不手際やあらかじめ設置されたストロボライトは演奏家たちの邪魔になっただけでなく、やかまし い聴衆の一部に敵意のはけ口を与えてしまった。結果的に休憩時間の際に聴衆からの大ブーイングによりMiliはステージ上の活動を削減せざるを得なくなった。
いつも通り、カーネギーホールの不良な音響は反響音を生み、演奏を聴きにくくした。
   (中略)
グランツは前回ダウンビートで批判された、ステージ上で演奏曲の発表を行わなかった点は非常に良かった。照明やコンサートの流れも向上した。
批判すべき内容としては、いつもどうりの交代要員、Buck Clayton, Willie Smith, Flip Phillips,そしてトロンボーンのKai Windingが出演した。で定番 化した曲が多すぎた。Fast blues、Tea For Two、How High The Moon、Sweet And Lovely そして Flying Home などが演奏されたが、変化があっても良さそ うなものだ。
   (後略)

___ 12"LP ___

BIRDBOX(I) BB. 10/22   CHARLIE PARKER / LIVE AND PRIVATE RECORDINGS IN CHRONOLOGICAL ORDER (3/22 LPs BOX) (1986)
d: 7:52

BEAN (I) 06   BEAN AND THE BOYS / C.HAWKINS LIVE AND UNCOMMERCIAL RECORDINGS 1940-65 VOL.6 (1988)

b: 0:47   d: 8:24

___ CD ___

PHILOLOGY (I) W.057.2   BIRD'S EYES, LAST UNISSUED, Vol.7 (1991)
d: 7:58  (04)

PHILOLOGY (I) W.0120.2   BIRD'S EYES, LAST UNISSUED, Vol.9
a - b: 1:45  (19)

JAZZ UP TOP BOX (I) JUTB 3002 [3CDs]   BIRD BOX, Vol.2 (1989)
d: 7:50   (Vol.2, 15)

definitive4CD

DEFINITIVE RECORDS (EU) DRCD 11375 (4CDs) :
THE COMPLETE CARNEGIE HALL PERFORMANCES CHARLIE PARKER (2007)

a - b: 1:27  (disc 04-10), d: 7:50  (disc 04-11)

unknown 10" two Acetate disc (3 faces)

この3面で "Stuffy" の完奏ヴァージョンが聴けます。(10分28秒の演奏です)
2013年8月現在、この完奏ヴァージョンは未CD化です。



top
back