003: "Charlie Parker in FRANCE 1949"

 1947年西海岸から戻り、48年にはニューヨークのビ・バップが若い人々の間でかなりの人気を獲得し、パーカー・クインテットは確固たる地位を築き上げていた。  JATPのツアー参加で全国各地のコンサートホールを巡演したことや、メトロノーム誌の人気投票で2年連続の一位を獲得したことなどで、パーカーは満足感を表明している。  48年秋からは、毎週ロイヤル・ルーストへ出演し15回の実況放送録音が残されている。49年1月はRCAビクターが録音するメトロノーム・オールスターズのアルト奏者に選ば  れ録音する。ブッキング・エージェントのビリー・ショーはチャーリーのために特別の論功行賞を与えた。それはパリ国際ジャズ・フェスティバルへの招待だった。  パーカーは少年のような熱心さで、パスポートやヴィザを取り、天然痘の予防接種などの手続きを行ったという。フランス行きの前にマーキュリー・レコードに  “パスポート”と“ヴィザ”と命名した演奏を録音している。

 パーカー・クインテット(ハワード・マギーtp、アル・ヘイグp、トミー・ポッターb、マックス・ローチds)は、タッド・ダメロンとマイルス・デヴィス・クインテット、リップス・ペイジその他フェスティバル参加演奏家たちと一緒に大西洋を渡った。一行はコンサートの前日(1949/5/7) にパリに到着した。輸入されたレコードやフランスの国内盤によってパーカーの演奏は良く知られており、ジャズメンやジャズファン達はパーカーを温かく迎え、彼は下にも置かぬ歓待を受けた。「フランスでの歓迎はえらく豪勢なものだった。レコード屋のサイン会に、新聞の報道に、果てはバードのホテルの部屋でのプレス・パーティでも」と同行したトミー・ポッターが述懐している。

 5月8日から15日まで開催された、このフェスティバルで滞在中の演奏を収録したレコード・CDなどを紹介します。

49airport

この写真は、1949年5月、国際ジャズ・フェスティバル出演のため、空路フランスへ向かうシドニー・ベシェやチャーリー・パーカーらを、ニューヨークのアイドルワイル ド空港(現ケネディ空港)で捉えた貴重な記録である。


FESTIVAL INTERNATIONAL 1949 DE JAZZ   BRORSHA
programprogram
裏表紙表紙
program p3program p5
3頁 フェスティバルのタイトルと関係者5頁 参加7カ国の出演者
program p7program p9
7頁 9頁
program p11program p13
11頁 このフェスティバルの紹介13頁 アメリカからの出演者
program p15program p17
15頁 アメリカからの出演者17頁 イギリスからの出演者
program p19program p21
19頁 イタリア・スエーデン・スイス・ベルギー
からの出演者
21頁 フランスからの出演者
program p23 このフェスティバル・パンフレットは、総ページ数は28頁、幅24.8mm×高さ31.6mm、表紙は4色、裏表紙は2色刷り。表紙のデザインは、このフェスティバルのディレクターである、Charles Delaunay です。偶数ページと最後の4ページは全てレコード店や楽器店・楽器メーカーの広告です。
23頁 フランスからの出演者


参加7カ国の主な出演者
アメリカから
Sidney Bechet(cl,ss) : Pete Johnson(p) :"Big Chief" Russel Moore(tb) :
Oran "Hot Lips" Page(tp) : Don Byas(ts) : Bill Coleman(tp) :
Rex Stewart(cnt) : Jimmy McPartland(cnt) :
Miles Davis(tp)-Tad Dameron(p) Quintet :
 James Moody(ts);Barney Spieler(b); Kenny Clarke(ds)
Charlie Parker(as) Quintet :
 Kenny Dorham(tp); Al Haig(p); Tommy Potter(b); Max Roach(ds)

イギリスから
Vic Lewis and his Orchestra : Carlo Krahmer and his Orchestra :

ベルギーから 
Toots Thieleman's trio(g) :

スイスから
Hazy Osterwald(vib) and his Quintet :

イタリアから
Armand Trovajoli(p) :

スゥエーデンから
All Stars Band :

フランスから
Aime Barelli(tp) : Andre Ekyan(as) : Claude Luter(cl,ss) & Lorientais :
Django Reinhardt & his Quintette du H. C. F : Geo Daly(vib) :
J.-C. Fohrenbach(ts) : Jack Dieval(p) & his Quartette & Hubert Fol(as) :
Jean Bonal(g) : Leo Chauliac(p) : Lucien Simoens(b) : Le Junior All Stars :
Bernard Peiffer(p) Trio : Le College Rythme : Hubert Rostaing(cl) :
Pierre Braslavsky(ss) & his Orchestra : Maurice Meunier(cl) :
Michel De Villers(bars) : Pierre Braslavsky(cl,ss) et son Orchestra :


PROGRAMME DU FESTIVAL DE JAZZ 1949

 パンフレットに添付されたペラのプログラム。7日間の主な出演者が紹介されています。
(クリックしますと別ウインドウで拡大画像が見られます)

program program 0508 0509 0510 0512m 0512 0513 0514 0515m 0515
プログラム表面プログラム裏面

Parker's footprint in France (from Ken Vail's BIRD'S DIARY)
Sunday 8 MayCharlie Parker Quintet play at a Salle Pleyel Concert in Paris.
Monday 9 MayCharlie Parker Quintet play at a Salle Pleyel Concert in Paris.
Tuesday 10 MayCharlie Parker Quintet play in Marseilles.
Wednesday 11 MayCharlie Parker Quintet play in Marseilles at the Rex movie theatre and afterwards at the Martinez & Christera club.
Thursday 12 MayCharlie Parker Quintet play in Roubaix at the Colisee Movie Theatre where a private recording.
Friday 13 MayThe Quintet have a day off.
Saturday 14 MayCharlie Parker Quintet play at a Salle Pleyel Concert in Paris.
Sunday 15 MayCharlie Parker Quintet play two concerts at the Salle Pleyel.
In the final concert (8.45pm) Bird jams with Sidney Bechet and Don Byas in the finale session. After the concert Bird jams at the Club St Germain where he meets Jean-Paul Sartre.
Monday 16 MayBird meets with Charles Delaunay and Andre Hodeir before returning to the States.

map



このフェスティバルを報ずるダウン・ビート誌 "July 1, 1949"号
Downbeat
バードは聴衆をやっつけた。(記事の一部です)
このジャズ祭の聴衆の席に来たバップ奏者はトランペットのケニー・ドーハムを伴ったパーカー・クインテット。アル・ヘイグのピアノ、トミー・ポッターのベース、およびドラムスのマックス・ローチだ。 バンドは物凄いビートで、パーカーの演奏には、驚異的なテクニックと独創性があり、リズミカルなパターンを織りなすローチの伴奏で、熱狂した聴衆は“信じられない”と我を忘れて叫んでいた。 ジャズファンの好みがパーカー、ベシェに関わらず、まる一週間で2万5000人が集まり歓喜した。ジャズ万歳!。













このフェスティバルの模様を伝える写真を集めてみました。
in paris
in paris
in paris
in paris
in paris
in paris
Eddie Barclay, Sidney Bechet, Charlie Parker and Charles Delaunay

プライベート録音によって残された一週間の演奏記録
1. CHARLIE PARKER QUINTET
Radio broadcast & private recordings
concert, 'Salle Pleyel', 252 Rue Du Faubourg-Saint Honore, Paris, France, May 8, 9, 14 and 15(2 concerts), 1949.
Kenny Dorham(tp); Charlie Parker(as,vcl); Al Haig(p); Tommy Potter(b); Max Roach(ds).

a    Salt Peanuts vCP (I)        3:37
b  Barbados   -inc.4:47
c  52nd Street Theme (I)    3:25
d  Out Of Nowhere (I)    4:50
e  Salt Peanuts vCP (II)   -inc.3:59
f  Scrapple From The Apple  -inc.5:06
g  Out Of Nowhere (II)  -inc.4:13
h  Allen's Alley ("Wee")   -inc.4:00
i  52nd Street Theme (II)  -inc.3:26
j  Out Of Nowhere (III)  -inc.5:28
k  A Night In Tunisia     4:17
l  Moose The Mooche    4:24
m  Hot House  5:38
n  I Got Rhythm   -inc.2:55
o  52nd Street Theme(III)     4:41

2. CHARLIE PARKER QUINTET

Concert, UNISSUED
'Cinema Le Rex, Marseille, France, May 10 or 11, 1949.
Kenny Dorham(tp); Charlie Parker(as,vcl); Al Haig(p); Tommy Potter(b); Max Roach(ds).

First set:
a    52nd Street Theme (I)         
b  Out Of Nowhere    
c  Cheryl     
d  Ornithology     
e  52nd Street Theme (II)    

Second set:
a    A Night In Tunisia         
b  Half Nelson   
c  Groovin' High     
d  Salt Peanuts vCP     
e  Hot House     
f  Scrapple Fron The Aplle     
g  52nd Street Theme (III)    

3. CHARLIE PARKER QUINTET

Private recording
'Cinema Colisee', Roubaix, France, May 12, 1949.
Kenny Dorham(tp); Charlie Parker(as,vcl); Al Haig(p); Tommy Potter(b); Max Roach(ds).

a    Ornithology  -inc.4:24
b  Out Of Nowhere  -inc. 3:44
c  Cheryl  2:46
-  Parker's voice "That's all...."    -
d  52nd Street Theme (I)  -inc.1:12
e  Lover Man  -inc.4:24
f  Groovin' High  -inc.4:31
g  Half Nelson  -inc.4:32
h  52nd Street Theme(II)     2:54

4. JAM SESSION
Private recording
concert, 'Salle Pleyel', 252 Rue Du Faubourg-Saint Honore, Paris, France,
Sunday, May 15, 1949 (2nd concert).
Aime Barelli, Bill Coleman, Miles Davis, Hot Lips Page, Kenny Dorham(tp); Russell "Big Chief" Moore(tb); Hubert Rostang(cl); Pierre Braslavsky, Sidney Bechet(ss); Charlie Parker(as); James Moody, Don Byas(ts); Hazy Osterwald(vib); Toots Thielemans(g); Al Haig, Bernard Pfeiffer(p); Tommy Potter(b); Max Roach(ds).

Note: This title also known as Blues & Blues final.

a    Farewell Blues --short version  -inc.  3:52
a'    Farewell Blues --long version  -inc.  5:02


5. CHARLIE PARKER
Maybe private recording
Theatre Fontaine, Paris, France, May 1949
Charlie Parker(as); Ben Lafosse(ts); Art Simmons(p); Kenny Clarke(ds) + unknown musician(s).

Unknown titles

Note: It is not known if this concert was recorded.


フランスの演奏を収録したLPの紹介

cp3cp3
12" LP   Blank Cover(uk) CP3:    Bird in Paris   Session 1, a〜i & Session 4, a (short version)
イギリスの、ベーシストでパーカー研究家のディブ・グリーン氏が、私家盤として発売したものと想定する。多くの古いパーカー・ディスコグラフィでは、“CP3”のファースト・イッシューが、ブランク・カヴァーで、セカンドはライナー・写真入りのカヴァーとしている。次のYard・recordsは1971年に発売されたが、このブランク・カヴァーは何年に発売されたかは不明です。

yardyard
yard
12" LP   Yard Records(uk) CP3:    Bird in Paris   Session 1, a〜i & Session 4, a (short version)
発売は1971年です。

spotlitespotlite
spotlite ここまでの3枚には、1950年11月スウェーデンに一週間の演奏旅行に出かけ、帰国途中でパリに立ち寄った際に録音した1曲が収録されている。

CHARLIE PARKER with the MAURICE MOUFFLARD ORCHESTRA
'Studio Washington / ORTF', Paris, France,
c. late November, 1950.
Roger Guerin, Georges Jouvin, Pierre Fassin, Yves Alouette(tp); Andre Paquinet, Maurice Gladieu, Charles Huss(tb); Charlie Parker, Robert Merchez, Roger Simon(as); Jacques Tess, Marcel Pommes(ts); Honore Truc(bs); Robert Cambier(p); Henri Karen(b); Pierre Loteguy(ds); two or three unknown(perc); Maurice Moufflard(arr, cond).
      Lady Bird----2::46
12" LP   Spotlite(uk)SPJ-118:    Bird in Paris   Session 1, a〜i & Session 4, a (short version)
イギリスのパーカー・コレクター、トニー・ウィリアムス氏がコンプリート・ダイアル・レコードを復刻するが、ヤード盤をそのまま自己レーベルで1971年に発売する。

jazzopjazzop
12" LP   Jazz O.P.(It) OMS-7004:    CHARLIE PARKER IN FRANCE 1949   Session 1, j〜o & Session 3, a〜h
1986年の発売です。

jazzlivejazzlive
12" LP   Jazz Live - Cicala(It) BLJ-8024:    CHARLIE PARKER IN PARIS   Session 1, a〜i & Session 4, a (short version)
1976年の発売です。Spotlite盤と同様、1950年11月末のパリでの録音 "Lady Bird" が収録されています。

birdboxbirdbox
12" (22LPs box set)   BIRD BOX(It) BB LP-02:    CHARLIE PARKER Live and private recordings in chronological order  Session 1, j〜o & Session 3, a〜h
1986年にイタリアから発売された22枚のボックス・セットで、300セットの限定版。ちなみにこれは285番です。

jazzcelectionjazzcelection
12" (3LP Box set)    Jazz Selection(F) COF-21    Sidney Bechet Integrate 1949-1959    Session 4, a' (Long Version)
1972年フランスから発売されたベシェの3枚組ボックス・セットです。5月15日最終日ラストのジャム・セッションの“ブルース・ファイナル”のロング・バージョンが収録されております。他に8、10、13日のこのフェスティバルでの演奏と、14日のジュネーブ、ヴィクトリア・ホールでの演奏などが収録されています。
演奏曲名はこちら

phontasticphontastic
12" LP   PHONTASTIC NOSTALSIA(Swe) NOST-7602:    SENSATION '49    A Document From The Paris Jazz Festival 1949 Session 3, b
1979年スエーデンで発売されたLPです。このフェスティバルで演奏された各国のメンバーの演奏が納められています。 演奏グループ及び演奏曲名はこちら

voguevogue
12" LP   Curcio / I Giganti Del Jazz (I) GJ-14: ( EUROPA JAZZ [ I ] EJ1011 )
JAZZ: B.HOLIDAY / L.YOUNG / C.PARKER / A.TATUM     Session 4, a (short version)
イタリアから発売されたLPです。5月15日最終日ラストのジャム・セッションの“ブルース・ファイナル”のショート・バージョンを収録

voguevogue
12" LP   Vogue(Ja) YX-001:    Vogue JAZZ DISQUE   Session 4, a' (Long Version)
1973年に発売された日本盤。フランス・ヴォーグのサンプラー盤(定価1,000円)ですが、最終日の“ブルース・ファイナル”のロング・ヴァージョンが収録された貴重盤です。

jazzsellection
JAZZ SELECTION "Sidney Bechet Integrate1949-1959"に添付された解説書の写真


フランスの演奏を収録したCDの紹介

philology200.2PHILOLOGY (It) W200.2
CHARLIE PARKER / BIRD'S EYES
last unissued, vol. 10

Session 1, a〜d

1991年発売
philology622.2PHILOLOGY (It) W622.2
CHARLIE PARKER / BIRD'S EYES
last unissued, vol. 11

Session 1, e〜o & Session 3, a〜h

1991年発売
philology842.2PHILOLOGY (It) W842.2
CHARLIE PARKER / BIRD'S EYES
last unissued, vol. 12

Session 4, a (short version)

1991年発売
1950年11月末のパリでの録音 "Lady Bird"
が収録されています。
jazzuptb3001Jazz Up Top Box (It) CD-3001〜3(3CD)
CHARLIE PARKER
Live and private recordings in chronological order
vol. 1- 3

Session 1, j〜o & Session 3, a〜h

1989年発売
jazzfactory22882JAZZ FACTORY (EU) JFCD 22882
Miles Davis - Tadd Dameron Quintet
Complete Live in Paris 1948

Session 4, a' (long version)

2006年発売。CDでは初めて“Blues Final”の
ロング・ヴァージョンが収録されました。

演奏曲名はこちら
rlr88658RLR RECORDS (EU) RLR 88658
CHARLIE PARKER / BIRD IN PARIS
The Complete French Tour Recordings
(2CDs)

2010年発売

演奏曲名はこちら


パリでの大変貴重な映像が収録されたビデオテープ
vhs VIDEOARTS JAPAN, INC. VAVJ-286
celebrating BIRD
The Triumph of CHARLIE PARKER

US issued 1987年。Bonus Footage: チャーリー・パーカー & マイルス・ディヴィス出演の未発表映像が収録されている。故フランシス・ポウドラのフィルム。 ロイアル・ルーストで共演するシーンに続き、フランスの作家、ジャン・コクトーが現れスケッチを描き上げる。そしてパリを 訪れたパーカーやマイルスが紹介される。マイルスが恋に堕ちるシャンソン歌手ジュリエット・グレコの貴重な映像と、パー カーがクラブでサインをしている珍しい映像も、このビデオでしか見られない大変に貴重な映像である。


back

CLOSE

go to home